R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

『鎌倉暮らしのほんとのところ』”朝活ビーチヨガ編”

2017.06.21

「海の近くに住んだらどんな毎日になるんだろ?」
「海の近くに住んでたって、実際そんなに海とか行かないんじゃない?」

そんな疑問にお答えすべく、今回は海近ならではの特権、
”朝活 ビーチヨガ”についてご紹介します。

自然の中でのヨガは最高に気持ちいい。

自然の中でのヨガは最高に気持ちいい。

都心に住んでいた頃は二度寝が趣味だった私ですが、海の近くに引っ越してから自然と朝早く目覚めるようになりました。

特に目が覚めて青空いっぱいの日なんて、早く外に出かけたくて、潮風に当たりたくて、眠気と戦う旦那をたたき起こし、無理やり海に出かける程。
早朝の(といっても7時頃ですが)まだ人の少ない浜辺に、少しひやっとする澄んだ空気、暑くなりそうな気配にワクワクします。

朝早く人気の少ない浜辺、贅沢です。

朝早く人気の少ない浜辺、贅沢です。

せっかく朝早く目が覚めるんだし、何かしてみよう。
そう思って始めたのが、ビーチヨガ。
鎌倉のおしゃれスポット材木座テラスでは、
目の前が一面海というガラス張りの絶景スタジオと、目の前の材木座ビーチでヨガのレッスンが受けられます。

ヨガとサーフスクール、カフェが併設された材木座テラス。

ヨガとサーフスクール、カフェが併設された海が目の前の材木座テラス。

室内スタジオからも全面に広がる海!

室内スタジオからも全面に広がる海!

ということで、初めてのビーチヨガの日。
集合時間 : 7時30分
集合場所 : 材木座ビーチ。
持ち物 : 大きめのバスタオル(ヨガマットの代わりらしい)とお水。それに動きやすい格好。

家にたまたまあった大きなバスタオルを引っ張り出しました。

家にたまたまあった大きなバスタオルを引っ張り出しました。

砂浜にタオル敷くっていうのがなんだかおしゃれーと思いながら、ビーチに着いた時に気づきました。
あれ?ビーチの一体どこに行って誰に声をかければいいんだろう…?
急に不安になりながら周りを見渡してみると、それらしき数名の集まりがいて、初めて参加する見たこともない私に大きく手を振ってくれました。

参加してる方はみなさん1名参加のようですが、とにかく明るくて人懐っこい。
ヨガ初心者の体がバキバキの私にも、色々と話しかけてくれて、ヨガが終わって帰る頃にはすっかり居心地のいい場所になっていました。

明るく和気あいあいとした雰囲気。

明るく和気あいあいとした雰囲気。

肝心のビーチヨガですが、室内でのヨガとは気持ち良さが全然違う。
心地いい波の音にほんのり香る潮風。
タオル越しに伝わるひんやりとした砂の感触がとにかく気持ちよくて、心からリラックスできる時間でした。

日頃あまり運動をしない私ですが、ヨガに通いだしてから、寝る前にストレッチするようになったり、エスカレーターよりも階段を使うようになったり、なんとなく自分の体への意識が高まった気がします。
最初はまったくできなかったヨガのポーズがすっとできるようになったことで自分の体が少しずつ変わっていっていることを実感。
2年ヨガを続けている友人は、酷かった肩こりが直り、風邪もめったに引かなくなったそう。

波の音とひんやりした砂が心地いい朝の浜辺。

波の音とひんやりした砂が心地いい朝の浜辺。

ビーチヨガに関わらず、朝早く起きて体を動かした後は気持ちも体もすっきりして、その日1日がすごく充実します。
ちなみに朝ヨガは、頭がスッキリ冴えるだけでなく、美容や健康にも効果絶大らしいですよ。
ということで、ちょっとしたミーハー心で挑戦したビーチヨガですが、すっかりはまってしまいました。

海近に引っ越したら、ぜひ早朝のビーチヨガを。
海近に住んでいる人ならではの特権です。

材木座近く逗子マリーナの緑のトンネル。

朝日が差し込む逗子マリーナの緑のトンネル。

©creative commons

OTHER ARTICLES

PAGE TOP