R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

『鎌倉暮らしのほんとのところ』”SUP編”

2017.08.20
サーフィンではなく、SUPとは...?

サーフィンではなく、SUPとは…?

そもそも、海水浴にすら全く興味がなかった私。
神奈川出身ですが、「湘南の海には入りたくない」と思っていました(笑)
ごちゃごちゃして、汚いイメージだったのです。

でも、海の近くに住んでから、ビーチヨガをするようになり…
日々海を眺めていると、思っていたよりずっと綺麗だったことに気がつきまして。

確かに、ハイシーズンのピーク時はごちゃっとしていますが、それはあくまでも一部。
ちょっとエリアを外すだけで水が透き通っていたり、日によって、天候によっても全く表情が変わる。なかなかの奥深さがあります。

特に、

特に、葉山の海は格別

江ノ電に乗りながら海を眺め、サーファーたちを見ては、羨ましさを募らせていきました。
とは言え、サーフィンは自分には難しそう…。

そんな矢先、何やらボードの上に立って、ゆったりと海面を歩くかのような!? 人々を発見したのです。

SUP

SUP用のボードたち

SUP = Stand Up Paddleboard
頭文字を取って、SUPと呼ばれているマリンスポーツ。

夏の混みあった時期でも、海水浴専用エリアとは区切られたエリアで、しかも沖へ出てしまうので、人混みもあまり気になりません。
夏は水着でもOK。ウェアをしっかりと着込めば、一年中行うことができます。

混みあった海水浴専用エリア

ある日の一色海岸、混みあった海水浴専用エリア

マリンスポーツ可能エリアなら空いています

そんな日も、マリンスポーツOKのエリアなら空いています

一見難しそうにも見えますが、SUPではサーフボードより大きく浮力の高いボードを使うので、かなり安定感あり。
未経験の私でも、始めて数分でボードに立つことができました。

すぐに

一度も海に落ちないまま、無事帰還

あ

人混みを抜け、どんどん漕いで沖へ

360度、海。
こんなに広い空間にぽつんと一人になれることは、日常ではまずありません。
ボードの上に寝転んで空を眺めていると、まるで海に溶け込んでしまったかのような気分に。

あ

ただただボーっとします。

SUPは波が大きいと難しいため、サーフスポットではなく海水浴エリアで行うのが基本。
腰越、材木座、逗子、葉山のビーチにはレンタルショップも点在し、道具がなくても気軽に始めることができます。

ほんの一部ですが、お勧めのスクール・レンタルショップはこちら ↓
●腰越海岸(江の島)ピュアスポーツクラブ
●材木座海岸 ローカス鎌倉
●逗子海岸 KAYA
●一色海岸(葉山) UMIGOYA

上級者になってくると、普通にSUPするだけでなく、楽しみ方も様々。
ボード上でヨガをするSUPヨガ、お子さん・愛犬を一緒にボードに乗せてみたり、沖に出てシュノーケルや釣りを楽しんだり…etc.
実際、ボード上で逆立ちをする人や、半袖短パンにリュック(海に落ちたら終わりなスタイル)という達人を見かけたこともあります。

無理でした

試みるも、無理でした

だんだんとマイボードが欲しくなるところですが、サーフボードよりもずっと大きくて重いところが少々ネックでもあります。
砂浜に住んでるレベルでない限りは、運搬用のボードドーリーが必須。
とは言えやはり、SUPの気持ち良さと手軽さ。
マイボードを買ってしまうのも時間の問題かもしれません。

川沿いに

川沿いに住んでるなら、そのまま帰れるかも…?

ちょっと

ちょっと疲れたら、海の家で休憩

昼間だけでなく、夕暮れ時のSUPも最高。

もう一度海へ

休憩していたけど、もう一度海へ出たくなる…!

マリンスポーツというとアクティブなイメージでしたが、ひっそりと静かな時間。
わずかな時間でも、ただ佇んでいるだけでも、あたらしい気持ちになる海の不思議。

あ

太陽に向かって、無心で進む

日常に、海を取り込んでみてはいかがですか?

OTHER ARTICLES

PAGE TOP