R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

#03 住む家を決めよう。

2018.05.17

広い庭付き平屋、憧れる・・。

例によって、住みたい街の住みたいエリアを絞り込んだ私は、いよいよ具体的な物件の選定に入りました。
条件は明確にできたものの、とにかく物件数が少ない…。

かなりゆるめの希望条件で検索かけても、20もでてこず。
同じ条件で都内で検索したなら、1000は優に超えるだろうに…

改めて逗子、鎌倉での賃貸物件探しの大変さを実感しつつ、翌週内覧できる物件をピックアップ。
お部屋探しの方法はそれぞれだと思うけれど、私の場合は3つか4つ、種類の異なるものを一度に見比べるっていうのがお決まりの方法。
今の時代ネット上でほとんどの情報は入手できるけれど、やっぱり実際に見てみないとわからないことって多いもの。

事前に条件を整理した上で、ここだけ妥協したらこの部屋いいかもなぁ、くらいのお部屋を実際に見比べて、やっぱり古いのはやだとか、おしゃれさよりも普通で使いやすい方がいい、とか、最終的にはその時々の直感で決めるようにしています。

ということで、今回はこんな感じの4件を内覧することにし、いざ逗子へ!!

①トリッキーなデザイナーズ物件。
②使いやすそうだけど、普通の物件。
③街を見下ろす大型マンション。
④ちょっと古めだけど雰囲気のいい物件。

2度目の逗子も、あいにくの雨と強い風。
隣で「やっぱり伊豆は遠いよー座り過ぎてお尻痛い、この後仕事戻らなきゃいけないのに。」とかなんとか文句ばかり言う旦那をたしなめつつ、(てか、そもそも伊豆じゃなくて逗子だってば)
あれ?私晴れ女のはずなのに、2回とも天気悪いなんて…
やっぱり逗子とは相性が悪いのかな?という考えが頭をよぎりながらも、逗子在住の友人同行の元(ただ見たい物件があったからついてきただけらしい。笑)4件さくっと回りました。

内覧終えた時の感想はこんな感じ。

①トリッキーなデザイナーズ物件。

間取り図からは想像できない室内。

間取り図からは想像できない室内。

・予算…ぎりぎり。
・間取り…ロフトを含めれば広いけど、2人だと狭いかも。収納なし。
・駅徒歩…15分くらい。ちょっと遠い。
・日当たり…まずまず?
・窓からの景色…外が見える窓がほぼない。線路の横。音がちょっと気になるかも。

→ やはりトリッキー過ぎて私達には無理かな・・。

②使いやすそうだけど、普通の物件。
・予算…新宿よりも安い!
・間取り…シンプルで使いやすそう。
・駅徒歩…15分くらい。ちょっと遠い。
・日当たり…良さそう。
・窓からの景色…前に川が流れてて、抜けあり。

→ 安いし、使いやすそうだし、日当たりもいいし。まぁ、逗子に住めるなら全然ありかも。

③街を見下ろす大型マンション。

逗子の街を一望。

逗子の街を一望。

・予算…1万円オーバー。
・間取り…シンプルで使いやすそう。収納が足りないかも。
・駅徒歩…7分。スーパー隣で最高!
・日当たり…良さそう。
・窓からの景色…5階で街を見下ろせる。

→ 予算オーバーだけど、立地も間取りも景色もいいし、ここいいかも!

④ちょっと古めだけど雰囲気のいい物件。

・予算…1万5000円オーバー。
・間取り…広め。高い天井が良さそう。
・駅徒歩…12分。駅からちょっと距離あり。
・日当たり…まずまず?
・窓からの景色…すぐ向かいに家があって、何も見えない。

→ 駅から遠いし、窓からの景色がないのと、日当たり本当に良いか不安。
予算オーバーする価値あるのだろうか。。
——–
と、当然のことながら完璧な物件はなく、いいなと思う物件は、賃料高い…。
③がもう少し安かったらな…と、部屋探しあるあるにまんまとハマった私ですが、そんな私をよそに、④の物件がすっかり気に入った旦那。

④なら、ここに(伊豆と逗子の違いを認識したのかどうかは不明・・)住んでもいいよ!という言葉を残し、この日休みが取れなかった旦那は、逗子の海を見るわけでもなく、街を散策するわけでもなく、颯爽と都内の仕事へ戻っていきました。

うーん、④も悪くはないけれど、駅からの距離と窓からの景色、日当たりがどうしても気になる。
でも今募集のでてる物件はこれ以外にないし、③の物件がなくなってしまったら、他に候補になりそうな物件は簡単にはでてきそうもない。

それに時期をずらしたら、元々逗子への移住に乗り気でない旦那は心変わりしてしまうかも知れないし、仕事の状況とか子供とか親のこととかが変わってしまったら、もはやこんな遠くに住むことなんてできないかも知れない…
…結果、半日悩みに悩み。
④の物件に申込みをしました。

本当は更新までまだあと1年くらいあったし、もう少し先延ばしにしても良かったのだけど、直感とタイミングは何よりも大事だと思っていたし、ここで引っ越すのと引っ越さないのとではこれからの人生が変わることは間違えない!
ということで、多少の不安を抱きつつ、意外にも逗子への移住話はとんとん拍子で進んでいきました。

見渡す限り、緑と青い海と空。

見渡す限り、緑と青い海と空。

ということで。

次回は、ついに逗子へお引越し!です。

OTHER ARTICLES

PAGE TOP