R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

#08 夏がきた!

2018.11.01

IMG_4519

ご無沙汰しております。
さぼりにさぼりまくっていましたこのブログ。
夏がきたどころか、もうすぐ冬がやってこようとしていますが…
とりあえず逗子に引っ越してからの夏はどんなんだったかなーを振り返ります。

——–
梅雨が明け、本格的な夏がやってきました!
ということで、梅雨前と比べて、海辺の街はどんなところが変わったんだろうってとこを見ていきたいと思います。
スクリーンショット 2018-11-01 0.20.04
①逗子駅前
梅雨入り前は静かだった駅前も、シーズンの土日ともなればたくさんの人で賑わいます。
この時期は、普段逗子ではあまり見かけない雰囲気の若者も多くなり、なんとなーく街全体の感じが変わるような印象。
とはいえ、それも日中だけのことなので、日が沈めばいつもの静かで穏やかな逗子の街に元どおり。
鎌倉や江ノ島ほどのごちゃっとした混雑がないのが、暮らす人にとってはいいところです。

海の家seaside living

海の家seaside living

②海の家
海開き=海の家がオープンし始める、ってことなんですが、逗子海岸は関東近郊で1番早く、毎年6月末には海開き。
海の家の建設には1ヶ月くらいかかるので、そこから逆算して、まだ少し肌寒い5月に逗子海岸映画祭、6月頭に花火大会、という中々ハードなスケジュールになっています。

都内からおしゃれな人々がやってくる逗子映画祭。

GWに開催される逗子映画祭。

逗子の海の家は、昔ながらの味のあるお店から、インスタばえするおしゃれなものまで、バラエティ豊か。
その時の気分や、遊びにきてくれた友人の感じで使い分けることができます。

バーベキューができるのは夏季以外。

バーベキューができるのは夏季以外。

③浜辺
ルールが厳しいことで知られている逗子海岸。
海水浴期間の6月末〜9月頭は、海の家以外でのバーベキューや飲酒が禁止となります。
それからスピーカーなどを利用して大きな音を流すこともNG。

せっかく海に行くのに面白くない…と思うかも知れませんが、海の近くに暮らしている私たちからすると、なんだかんだでありがたいルール。

騒音もそうですが、何より驚かされるのは海開きと共にやってくるゴミの多さ。
タバコの吸い殻とか、お酒の空き缶とか、お弁当のゴミとか。
つい先週までなかった自然界には存在しないものが、あちこちに捨てられているのを見ると、なんだかとっても悲しくなります。

浜辺でお酒NGとなるだけでも、ゴミのポイ捨てが少しは減るんじゃないかなぁと思うと、ルールもやっぱり必要なのかな。
みなさんも遊びにきたら、ゴミは持ち帰るか、ゴミ箱にお願いします。
これ絶対。

④コインパーキングの料金
海が近いコインパーキングほど料金が高いのは、想定どおりだと思いますが、驚くべきはその金額。

なんと、30分1200円!!
しかも最大料金の設定なし。

逗子海岸近くの駐車場。

逗子海岸近くの駐車場。

うっかりここに車を置いて海でのんびり6時間楽しんできた日には…
14400円という信じられない料金を支払うことになるので、お気をつけください。

もちろん、夏季料金なのでこの価格設定は7/1〜8/31のあいだだけ。
私が知る限り逗子界隈ではこのレッドロブスター逗子店の料金が1番高いと思います。(2018年8月調べ)

⑤渋滞
海沿いドライブコースとして有名な国道134号線は週末ともなれば、かなりの渋滞にみまわれます。
江ノ島〜鎌倉辺りが最もひどく、全く動かなくなることもあるほど。
逗子、横須賀方面に進むにつれて渋滞は緩和されますが、ところどころのろのろ運転になるのは覚悟するべきです。
と言っても、この道は国道のため大型トラックなんかの利用も多く、鎌倉近辺は常日頃混んでる印象です…

葉山付近は、都内から一色海岸に向かうメイン?の東急ストアがある通りと、元町付近は渋滞が起こりがち。
海の日だった三連休はこれまでみたこともないほどひどくて、満車になった駐車場の空きを待つ車が車道に並んでしまい、ただでさえすれ違いが困難な道で身動きが取れない車がぎっしり詰まっていました…。

道路や歩道の整備は、逗子や葉山、鎌倉など古い街の課題であることは間違えないのですが、昔ながらの街並みや環境のことを考えると、中々難しいのが現実。
動かない車を横目に自転車でしゃーっと通り過ぎつつ、遠くから海に遊びにくることの大変さを改めて実感しました。笑

あとは、これも常日頃という感じですが、逗子駅から新逗子に抜けるまでの道や、逗子のオーケーストアの前、長谷から鎌倉に向かう道なんかも、全く動かないというわけではありませんが頻繁に渋滞が起きていています。
鎌倉はアジサイや夏の時期はかなり酷い渋滞になります。

⑥電車・バスの混雑
明らかに海水浴客と思われる若者が急増します。
午前中〜お昼くらいに鎌倉や逗子に着く電車、それから夕方16時〜17時くらいに都内に向けて戻る電車は、いつもよりちょっと浮かれた雰囲気。
鎌倉でその大多数が下車しますが、最近では葉山の海めがけてくる若者も徐々に増えているようで、逗子駅から葉山の海方面へ向かうバス(夕方は葉山から逗子方面)は、かなりの混み具合となり、時間によっては満員で乗れないこともあるほど。

ちなみに春や秋の気候のいい頃に増えるハイキングコース目的のおじいちゃんおばあちゃんはこの時期はほぼいなくなるので、がらっと車内の雰囲気が変わるのを感じます。

都内からおしゃれな人達が集う逗子映画祭。

都内からおしゃれな人達が集う逗子映画祭。

⑦暴走族?などの夜間の騒音
これは意外にもほぼありません。
真夏の夜、たまーに走ってるのかな、、ってことはありますが、134号線沿いに住んでいなければ気づかないかも知れない程度です。

…と、ざっと梅雨明けの海辺の街を見渡してみました。
人や車が増えてごちゃごちゃしたり、海が汚れたりして嫌なこともあるけれど、街のなんとなく浮かれた感じとか、遠くから海に遊びにくる人たちに対しての優越感とか(笑)、海水浴客が帰った後の夕日をみながらの海の家での静かな時間とか。
楽しいことも結構多くて、やっぱり夏が好きだなぁと思うのです。

海でみる夕日は本当にきれい。

海でみる夕日は本当にきれい。

次回は#09 夏の楽しみ方についてです。

OTHER ARTICLES

PAGE TOP