R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

一歩目を間違える。

2016.10.20

こんにちはR-STORE『ハンサム』浅井です。

先日、夜の代々木公園を歩いていた。もと来た道を戻っているつもりだったが、まったく違う場所に着いた。どうやら一歩目を踏み出す方向を間違ったようだった。夜の代々木公園の芝生広場は照明も少なく暗い。遠くに目印を見つけようにも暗い林が見えるだけだ。だから一歩目の方向を間違うと、そのまま修正できずとんでもない方向へ歩き続けてしまうのだ。スマホがあったので、歩いている方角を確認すると、なんと目的地とほぼ真反対に歩いていた。もと来た道を戻っているつもりが、だ。これが富士の樹海なら確実に死んでいたな、などと意味のない想像をしてしまうくらい、とんでもない方向に歩いていた。

そう、何事も一歩目が大事なのだ。R-STOREはどんな信念をもって事業を行っているのか。その信念を体に染み込ませることこそが一歩目を踏み出す準備である。その信念を体に十分染み込ませる前にあるき出そうとすると、とんでもない方向へ行ってしまう。夜の代々木公園のように。

稼ぐことと、最高のサービスを提供すること。どちらが先にくるべきなのか。最高のサービスを提供するからこそ、稼ぐことができる。そう考えるべきだ。自分たちのサービスを最高にする努力をすることが、稼ぐことにつながる。その一歩目を間違えて、営業のテクニック論に走るようなことがあっては、絶対にいけない。それこそ、一歩目を反対方向に踏み出すようなものだ。

先日、R-STOREのメンバーとして常に意識すべき5つの信念を記した冊子をつくった。そこにはこう書いてある。

・最高の顧客体験を提供する

・利益は後からついてくる

・ストレスの無い働かたをする

・他者を尊敬する

・常に挑戦する

 

これこそが、R-STOREが踏み出すべき1歩目である。

浅井

FullSizeRenderR-STOREメンバーとして踏み出すべき1歩目が書いてある。

OTHER ARTICLES

PAGE TOP