R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

仕事をシンプルに考える。

2016.11.02

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

仕事が複雑になり過ぎている。いや、複雑に考えすぎている。

営業の仕事は何だ?と聞かれたら迷わず「売上をあげること」と答えるだろう。そう言うと「売る」という言葉だけが強く響きすぎて押し売りだとか、強引に売るとか、そういうことを連想してしまうけど、要するに「売れる人になる」ということだ。良い商品は売れる。売れる商品は何らかの良い点がある。価格なのか、性能なのか、良い点がなければ売れない。営業も同じだ。良い営業マンは売れる。売れる営業マンは良い点がある。人当たりが良いのか、清潔感があるのか、容姿が良いのか、おしゃれなのか、声が素敵なのか、扱っている商品が良いのか、文章が素敵なのか、写真の見せ方が上手なのか、遅刻しないのか、連絡がマメにあるのか、なんでも良い。

とにかく売れるということは、何らかの価値があるということだ。買うに値する価値があるということだ。価値がないものに誰もお金を払ったりしない。価値があると感じるからお金を払うわけだ。仲介も同じだ。僕達の価値が無いと思えば仲介手数料無料の仲介屋に行けば良い。払っていただけるということは何らかの価値があるということだ。何らかの価値を感じていただけているということだ。だから売れる営業マンは価値がある。逆説的だが正しい。実にシンプルだ。

だから営業マンは「売上=自分の価値」だと思った方が良い。シンプルに売りゃあいい。それが営業の価値だ。でも、売れたならそれはやっぱりお客さんに自分の価値を評価してもらったということなのだから、素直に喜べば良い。評価していただいているのは、人柄なのかもしれないし、自分が好きで仕入れた商品なのかもしれない、文章なのか写真なのかもしれない。行動の迅速さなのかもしれない。でも自分のなにがしかを評価していただいているからおこそ金を頂戴できる。価値がない人に誰もお金を払わない。

だから、僕は売上にこだわるし、自分から値段を下げたりしない。それは自分の価値を下げることに直結すると思うし、売上こそが僕、そして会社の社会からの評価だと思うからだ。

浅井

OTHER ARTICLES

PAGE TOP