R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

は?鎌倉?

2018.01.23

今日は。R-STORE『ハンサム』浅井です。

アールストアに入社してもうすぐ5年になる女性がいるのだが、彼女は東京の下町出身で、その後は西東京で一人暮らしをし、何を思ったか一昨年に逗子に引っ越し、そして昨年末に葉山に土地を買って家を建てることにした。

彼女だけではない。僕のイデー時代の友人もすでに3人が都心から鎌倉やら、逗子やらに引っ越した。冒頭の彼女も含めればすでに5組10人くらいの知り合いが短い期間に鎌倉方面に転居した。これは結構な割合である。「移住」というほど遠くもないが、車でも電車でも1時間以上かかる距離だから簡単な決断ではないように思う。逆に言えば都心から1時間で着くわけだから、何も引っ越しまでしなくても、とも思う。行こうと思えば毎週でも行ける。

しかし「たまに行く」ではなく「住む」ことを選ぶってのは何なのか。正直都心アディクトの自分には理解できない。で、タイトルの「は?鎌倉?」となるわけだが。

やっぱ自然?海や山がある。東京にも東京湾と高尾山があるけど、それじゃダメなのか・・・。食? 鎌倉野菜、しらす、海の幸も山の幸も豊富だ。でも、東京は世界一の美食都市である。静寂? 確かに都心にはない静かさがありそうだ。でも、東京だって夜は静かだ。135号は夜だって渋滞してる。(ここまで書いてわかったのは僕の発想の貧困さだ。)

でも、不動産屋の僕が一つだけわかるのは、そこへ移住した人たちは、その場所を「特別」なものではなく「日常」にしたいと思ったってことだろう。自然豊かな場所を日常にするって何が良いんだろうか・・・、日常にするほどの魅力って何なんだろう?僕にとっては退屈なだけだけど笑 暇つぶしに虫と格闘でもするか。

昨年の4月に、冒頭の彼女の熱意に押されてR-STOREの鎌倉支店を由比ガ浜通りにつくった。彼女と同じように鎌倉や逗子に魅了された人々の移住を後押ししたいと言う。

そんな彼女の企画で去る1月21日(日)に鎌倉の古民家をお借りして、鎌倉での生活に興味をある方や、すでに住んでいる方を招いて餅つきを行った。

稲村ヶ崎の駅から徒歩5分の駅至近のくせに、車も入っていけないほどの細道を登ったところにある、縁側つきの木造平屋の古民家に嫉妬しながら、静寂と緑に囲まれて、楽しく餅をつき、鎌倉野菜をつまみにし、地元の酒をのんで、こたつでぬくぬく、趣味トークや地元トークをしていると、何となく頭がリフレッシュされてきて、こんな日常があってもいいなあなんて段々思ってきたり・・・。いやいや、僕は都心アディクトですからと、未練を断ち切り東京へ帰りました。危なかった 笑

 

まだ鎌倉の魅力がわからない方、次は味噌作りの会を行うそうです。僕と一緒に勉強しましょう笑

 

そして、冒頭の彼女のFBとinstagramのアカウントです。鎌倉、逗子、葉山、湘南を漫喫している彼女を見てください。羨ましくなります。もちろん、移住や転居、家を買いたいみたいなご希望があればいつでも親身に相談に乗ります!

R-STORE鎌倉支店:鎌倉市由比ガ浜3丁目1 由比ガ浜3丁目1-28鎌倉テーラービル2階(来店、要予約)

miwako(二階堂美和子)  Facebook  /   instagram  /  Blog:「都内で暮らし都内で働く私が、”葉山”に家を建てるまで。」

 

そして餅つき大会の様子。げに楽し。

IMG_0063趣ある古民家で

IMG_0097お日柄も良くたくさんの人にお集まりいただきました。

IMG_0105メニューはこんな感じで。鎌倉由来の食材をメインに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAもちをつく、つく、つく。重労働。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAボールに移してから、醤油やきなこで思い思いに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA豚汁もありました(二階堂美和子(miwako)お手製)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその後はこたつを囲んでまったり。やべえ、快適すぎる。

IMG_0120お開き。あー、楽しかった。今度は味噌作りです。

浅井

OTHER ARTICLES

PAGE TOP