R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

泊まれる本屋(R) BOOK AND BED TOKYO 新宿店オープン前日のブログ

2018.05.21

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

人からお金をいただいて泊めるには「旅館業法」の許認可が必ずいると思っていたので、今までちゃんと調べていなかったが、新宿に5月22日、BOOK AND BED TOKYO(以下、BNBT)の新宿店をオープンさせるにあたり、調べてみた。というのも、TSUTAYA BOOK APARTMET SHINJUKUなる、BNBTとデザインが酷似している店が新宿通り沿いにあり、どういうわけかパジャマの無料レンタルなどを行い、宿泊施設かのような営業をしているからだ。おまけに「泊まれる本屋®」という弊社の商標を無断利用し(本人たちはメディアが勝手に使ったと弁明していることは述べておく)たり、パジャマを前面に押し出した弊社と同じようなプロモーションを行ったり、BNBTの社員やアルバイトなどのinstagramアカウントをTSUTAYA BOOK APARTMET SHINJUKUなる施設のオフィシャルアカウントが積極的にフォローするなど、どうやらBNBTと、もしくはBNBTの関連施設と誤認させて、集客することを狙っているような感じがする。ウチのスタッフも気味悪がっている。

まあ、デザインは真似されるものだと思っているので、別に全然構わないんだけど、困るのは「誤認させよう」という意図が感じられる部分で、正直ウチとは比べ物にならないほどダサいまがい物なので、これを「BNBTってたいしたことないね」と誤認されるというのは、正直我々としても大きな損失なのだ。実際に私の周りでも既に誤認してしまった人がいるので、ここでちゃんと言わせてもらう。

「泊まれる本屋®BOOK AND BED TOKYO新宿店」は明日5月22日、新宿区歌舞伎町1-27-5歌舞伎町APMビル(東京ミステリーサーカスのビル)の8階にオープンします。本物で最高の読書宿泊体験はこちらで体験いただけます。今回も最高のデザインに仕上がったし、スタッフも相変わらず最高だし、カフェ 「by BOOK AND BED TOKYO」や、2段ベッドではない個室など、僕らの新しいチャレンジも行いました。ぜひ寝たくないくらい楽しい時間をBNBTで体験してください。

ところで、冒頭の旅館業法についてだが、旅館とは

旅館業とは「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」と定義されており、「宿泊」とは「寝具を使用して施設を利用すること」とされている。(中略)
 また、「宿泊料を受けること」が要件となっており、宿泊料を徴収しない場合は旅館業法の適用は受けない。
 なお、宿泊料は名目のいかんを問わず実質的に寝具や部屋の使用料とみなされるものは含まれる。例えば、休憩料はもちろん、寝具賃貸料、寝具等のクリーニング代、光熱水道費、室内清掃費も宿泊料とみなされる。」(厚生労働省HPより抜粋)

ということになっている。TSUTAYA BOOK APARTMENTなる施設には、「個室利用料」なる料金をとって貸し出している「本棚の中に入る」BNBTに酷似した個室がある。中にはベッドのようなマットが置いてあり「横になっていいよ」と言わんばかりであるが、長さが140センチ程度しかないので、脚を伸ばすには少し足りないから「寝具」ではないということなのかもしれない。きっとシャワーを浴びたあと、無料で貸し出しているパジャマに着替えたお客さんが、勝手にこの場所で「寝てしまう」という行動をとってしまうんだと思うけど、それは施設側としては意図していない。お客さんが勝手にやっただけだ。だから、旅館業には該当しない。その通りだ。何ら問題ない。

僕らは宿泊施設です。旅館業です。だから、正々堂々と「宿泊体験」に対する提案を行います。本を読み、フードを食べて、お酒を飲んで、シャワーを浴び、パジャマに着替え、朝までぐっすり寝てくださって構いません。TSUTAYAがやっている施設とは、許認可もコンセプトも思想もホスピタリティもモラリティも違う。不幸にも誤認してしまった人、申し訳ありません。こちらが本物の泊まれる本屋®です。簡単に真似できるデザインをしてしまった、だから間違った方に誘導されてしまい、「案外たいしたことない」ってがっかりしてしまったらすいません。でも、本物のBNBT各店に来てくだされば、きっと誤解をとけると思います。ぜひ。

 ・「泊まれる本屋® BOOK AND BED TOKYO新宿店」のHPはこちら(予約できます)

・カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」はこちら(食べログのページです)

淺井

 

【備考】・泊まれる本屋®でも旅館業でもありませんので誤認なされないように。TSUTAYA BOOK APARTMENTさんのHPはこちらです。

 

OTHER ARTICLES

PAGE TOP