R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

信頼し、何度も共有する。

2018.10.23

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

さて、朝日の天声人語において、アメリカで行われた興味深い実験が紹介されていた。

とあるアメリカの大学で、学生を2グループにわけて実験が行われた。双方のグループに試験が課され、得点に応じて賞金を得ることができる。試験官はあえてルーズに、不正がしやすいような環境がつくられている。

一方のグループには、試験前に「今までの人生で印象に残った本10冊のタイトルを書き出す」という課題が、他方には「旧約聖書の十戒を思い出せるだけ書き出す」という課題が与えられた。

結果、前者のグループでは不正が横行したのに対し、後者(十戒を書き出した方)のグループでは不正はまったくなかった。後者のグループには十戒を1つしか思い出せなかった人もいたそうだが、それでも不正はなかった。この実験を行った研究者は実験後に「何らかの道徳律に思いをめぐらせるだけで十分だった」と言ったそうだ。

この実験は2つの点で企業経営に非常に参考になる。

1つは、会社のビジョン、ミッションと言った共有されるべき価値観も、リマインドされなければ忘れ去られてしまうということだ。十戒を過去に学んだ集団でもそれを思い出す機会がなければ、そのようには行動できないことをこの実験は証明した。つまり、大切な価値観であればあるほど何度も何度も思い出されなければならない。

もう1つは、逆に解釈すれば性善説を信じられるのではないかということだ。何らかの道徳律に思いをめぐらせるだけで不正がなくなるという事実は、まさにそれを証明している。

信頼し、何度も何度も価値を共有する。ということを改めてやっていこう。そう勇気づけられる実験結果であった。

淺井

OTHER ARTICLES

PAGE TOP