R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

企業の継続の前提

2019.04.17

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

最近いただいた人事関連の本には、働き方改革に関連付けて次のようなことが書かれていた。

曰く「当社では業務を標準化し、誰であっても同じ業務ができるため、有給休暇を周囲に遠慮することなく堂々と取得することができる」。また、ある企業の社長からは「個人の能力に依存する経営は継続性がない」との指摘を頂戴した。誰が、いつ、どのタイミングで取り組んだとしても、似たような成果をあげることができる仕組みを構築する。新入社員をスピーディに戦力化するために業務をマニュアライズする。業務を細分化し分業することでその分野のプロフェッショナルを育て業務を合理化する。なるほど、確かに全体を部分の集合と考えれば、部分最適を積み上げること=全体最適ということになるのだろうか。うまくいかないとわかれば、その部分を交換すれば良い。マニュアルどおりにやれば部分は構築できる。いつでも交換可能だから全体が継続することの前提に疑義はない。その結果、交換可能な部分となった僕たちは、遠慮なく有給の取得が可能になるというわけだ。

とまあ、皮肉めいた書き方をしてしまったけど、やっぱり拭い去れないのは「それって当事者は楽しいの?」というシンプルな疑念だったりする。昔から「好きこそものの上手なれ」というけれど、仕事が好きで、職場が好きで、誇りをもてて、はたらくことが楽しい!という気持ち以上に個人の能力を高め、会社を強くするものはないのではないかと最近すごく思っていて、「自分は交換可能」って思ってしまったらそんな気持ちにもなれないように思うし、少なくとも僕自身は絶対に思えないので、やっぱりアールストアはみんなが仕事を楽しんで、仲間との生活を楽しんで、仕事に誇りを持ちながら交換「不」可能な人材に育ち、その個々人が会社を力強く前進させる、そんな会社にしたいなとか思ったりする。

交換「不」可能なのでその人が退職すると非常に痛いし、会社の業績に対するダメージも大きいし、きっとこういうのが先の社長に「継続性がない」って指摘される部分だと思うのだが、でもきっとそういう人が巣立つ会社には、また新しく良い人が入ってきてくる気がするし、実際にそうなってるし、長いタームで考えればそれこそが実は企業の継続の前提だと最近は確信している。

もちろん、いろんな価値観があるし、きっとこんな風に考える人は多くはないからアールストアは巨大企業にはならないと思うけど、それでいい。1000万人に80点もらえる会社にならなくて良いので、1000人に150点もらえる会社になりたい。そのためには、分業じゃなくて、交換可能じゃなくて、交換不可能な個々人が光りまくる会社じゃなきゃだめだと思っている。

というわけで、アールストアは今後も徹底的に有能なメンバーに頼りまくる経営を貫いていく所存です。

淺井

 

OTHER ARTICLES

PAGE TOP