R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

image

MEGANE COFFEE

今日は京王線桜上水駅に今年7月に出来た
『MEGANE COFFEE』さんをご紹介します。

image

店主はスペシャリティコーヒーの世界に身を置いて10年以上の竹日さん。
提供する珈琲は今をトキメク目黒のSWITCH COFFEE TOKYOのお豆を使用。グラインダーは研削能力が高いマルコニックグラインダーを使い、コーヒーはフレンチプレスで抽出をし、アンティークの器で提供してくれます。

 

コーヒーも美味しいのですが、こちらはコーヒーのお供も充実しています。中でもハムサンドは秀逸です。ハムは肉の塊を真空低温調理したものを薄くスライスし、毎日焼く自家製の食パンに挟んでくれます。
ご紹介したメニューの他にも、舌を飽きさせない工夫が、したたかなメニュー構成からみえてくる。京王線に乗った際は是非、桜上水駅で降りて『MEGANE COFFEE』へ行ってみてください。

「MEGANE COFFEE」
住所:東京都杉並区下高井戸3-3-3
最寄り駅:桜上水駅
TEL:03-5374-3277
営業時間: 平日: 12:00am – 8:00pm
土日祝: 12:00am – 6:30pm
定休日:月曜、水曜
http://megane-coffee.com/

image

美味しいパンは美味しい珈琲を呼び込むんだね。

image

渋谷区西原の閑静な住宅街の中にある「カタネカフェ」。

カタネベーカリー(パン屋)さんの地下にある
こちらのカフェで頂く、クロックムッシュは見た目も味も、
「THE!クロックムッシュ」。
カリッと焼かれたパンにナイフをいれると、中からホワイトソースが「とろっ」とでてきます。パンの香ばしさとジューシーな口当たりに幸せが口の中に広がります。個人的にはブラックの珈琲とペアリングして欲しいです。香ばしいパンの風味とチーズのコクと重なって、とっても合います。
因みにブルーボトルコーヒーでもカタネベーカリーのパンを使ったフードを食べられますので、お近くに行く際はぜひ、食してくださいね。

「カタネカフェ」
 https://www.facebook.com/kataneb 
住所:渋谷区西原1-7-5
最寄り駅:代々木上原駅
営業時間:7:30am – 6:30pm
定休日:月曜  第1・3・5日曜

ARISE

「ARISE COFFEE ROASTERS」の珈琲豆

「生豆の声に耳を傾けるとこういう味になるんだね。」

「ARISE COFFEE ROASTERS」さんの珈琲豆は、
とってもジューシーなコクがあって、
ナッツをたべたあとのような風味を感じさせてくれる。

焙煎士として長く勤めてきた店主の林さんが、産地毎のお豆の特徴を活かし、
美味しい珈琲になる、琥珀色のお豆を仕上げてくれます。

お土産にもしたくなる、そんな素敵な焙煎豆です。

ARISE

「ARiSE COFFEE ROASTERS」
住所:東京都江東区平野1-13-8
最寄り駅:清澄白河駅
TEL:03-3643-3601
営業時間:火〜日 9:30am – 6:00pm 定休日:月曜
http://arisecoffee.jp/

IMG_5251

「SHOZO COFFEE STORE TOKYO」

IMG_5251

「あったかいんだからぁ♪♪♪」と歌いたくなるCAFE♪

栃木にある「SHOZO」さんが、青山の路地に帰ってきました。いつもSHOZOさんの温かく包み込んでくれるようなブレない世界観に感激させられるんですが、今回はイートインも完備され、さらに心地良い「SHOZO CAFE」の世界を堪能させてくれます。

KONOのドリッパーで淹れる珈琲は、軽やかさの中に芯の有る優しい味。販売されているお豆にも種類があって、笑顔が素敵な店員さんと相談しながら好みの味を見つけられるので、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね!因みにボクが好きなお豆は「森のブレンドG2」です。

「SHOZO COFFEE STORE TOKYO」
http://instagram.com/shozocoffeestore
住所:東京都港区南青山3-13  COMMUNE246
最寄り駅:表参道駅
営業時間:月,  水-金 9:30am – 7:00pm
土-日    11:00am – 7:00pm

IMG_4771

「COFFEE HOUSE NISHIYA」

はじめまして。せわしない日常の中、コーヒーを丁寧に淹れることで自分をリセットする。そんな時間、空間、そして仲間を提供するというミッションを掲げてコーヒーを通じた活動を行う3人組ユニット「KAFE TRIO」のMASTER サトサンです。
今回はご縁でカフェのお話や器具のお話などをブログに書く機会を頂きましたので、お時間のある時にご覧くださいね。

今日は渋谷の路地に有るカフェをご紹介します。

「フォームミルクの甘みとエスプレッソの苦味のマリアージュを堪能できるCAFFÉ」

IMG_4771

「COFFEE HOUSE NISHIYA」さんで頼むのは決まって「マキアート」と呼ばれるドリンクなんですが、これはスチームしたてのミルクをカップに注いで、その上にフォームミルクと呼ばれる「ふわふわした泡」を注ぎ、最後にエスプレッソを垂らして染みを作るんだけど、これが美味しい!

このドリンクはフォームが命。フォームは時間が経つと泡と液体に分離し折角の甘みがなくなってしまうのです。泡の木目が細かくなるようスチームをする技術と、提供をスピーディーに行うからこその逸品。一目見てラテアートに心を奪われるのですが、ぜひ一口目を急ぎ目に飲んでみてくださいね。そこには最高のマリアージュがありますよ!

「COFFEE HOUSE NISHIYA」
https://www.facebook.com/coffeehousen
住所:東京都渋谷区東1-4-1 尚豊ビル1F
最寄り駅:渋谷駅
TEL:03-3409-1909
営業時間:10:00am – 10:00pm
定休日:火

1
PAGE TOP