R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

流動体について

2017.09.09

あちゃインスタ_170909_0265

 

1ヶ月ぶりです、tamaiです。
灼熱の暑さとの戦いに勝ち、今年も秋がやってきました。
秋は四季でいちばん好きな季節です。
もとい、日本の四季が好きです。
季節の移り変わりとともに装いを変えたり、インテリアを変えたり、気分を新たにできたり、
“夏のせい”とか“夏がそうさせた”じゃなくて、“秋がそうさせてくれた”的な要素が強い素敵な季節です、秋は。

このところ息抜きなく突っ走っていたこともあって、少し自分のバランスを崩しつつありました。
でもその渦中は自分自身も必死なだけあって、立ち止まっている暇もないし、そんなことに気付くことさえもできない。
それに打ち込んだからって、それに追われたからって命を落とすわけでもなんでもないのに、気付くとギリギリまで根詰めていた。
ごはんがおいしく感じない、食べたいものがない、音楽が耳に入ってこない、情報も目に止まらない、好きなお店に立ち寄る余裕がない。
ザ・悪循環。
こ、こ、こんなの、ちっともわたしらしくないんですけれど・・・!
どうりで何もかも連鎖的にうまくいかなくなるわけだ。

ひと段落してやっと自分と向き合う時間がとれて気が付きました。
わたしが心の健康を取り戻すために必要なのは、“一人になる時間”と“好きなことをする時間”だったんだと、改めて。
弱い自分、足りていない自分、たくさんの自分と向き合って越えないといけないことがあるとき、つい余裕がなくなってしまう。
そんなときこそ、そんなに多い時間じゃなくていいから、1日1時間でもいいから、一人になって、好きなことをする。
それが自分への活力になるんだなぁ。

日々の主な仕事の大半はアウトプットが多い。
しかし最近タスク化していて自分で自分の仕事をつまらなくしていたような・・・
もとい、余裕もなくてつまらない人間まっしぐらだったのでは・・・
インプットなくして、良いアウトプットなし。
圧倒的に足りてなかったな、インプットが。
これはいかんいかん、と猛省。

さぁ、秋だ。
今年の秋は、何をする??
そういえば気になっている展示もあるし、リノベEXPOもあるし、読みたい本も、観たい映画も、行きたいライブもある。
さぁこれから取り戻すぞ、わたしの秋!
今はすっかりそんな気分。
だから、明日からもまたHEALTHYにPOSITIVEに進める気がするんだ。

目標を見失わず頑張ること、そしてとにかく、楽しむこと。
自分のしていることを楽しめなければ、本気になることはできない。
大事なこと、見失うところだった。

さて、最近の気分な曲。
今年のフジロックで拝めた、小沢健二さんの“流動体について”。
19年ぶりにゲリラ発売された新曲は、まったく色褪せない彼が当時のごとく現れて、それはそれはうれしかった。
10歳のときにかなり背伸びをして、お年玉で初めて買ったCDがオザケンの“痛快ウキウキ通り”。
以来20年以上、幻となりつつあった初恋の人に、やっと会えたあの感動。
きっと生涯忘れられないと思う。

 

そして意思は言葉を変え 言葉は都市を変えてゆく
躍動する流動体 文学的 詩的に炸裂する蜃気楼

神の手の中にあるのなら その時々にできることは
宇宙の中で良いことを決意するくらいだろう

無限の海は広く深く でもそれほどの怖さはない
宇宙の中で良いことを決意する時に

 

OTHER ARTICLES

PAGE TOP