R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

ワレワレ_店主11(8月)

『ワレワレハエアホンヤダ!』第11回

先月の米子市に続き、鳥取県境港市に行ってきました。店主です。
境港と言えば、そう、『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの、あの、水木しげる先生の生まれ故郷!
「水木先生コンニチハ。ワレワレハエアホンヤダ!」

続きを読む

ハイロックの建もの探訪 FILE No.008 成増 R土間と木箱のロフト

ハイロックの建もの探訪 FILE No.007 成増 R土間と木箱のロフト

ハイロックの建もの探訪 FILE No.008 成増 R土間と木箱のロフト

こんにちは、ハイロックです。

今回の「ハイロックの建もの探訪」は、「R土間と木箱のロフト」不思議なタイトルの物件。
部屋の中には、Rにカーブを描いた土間と、中央に鎮座している大きな木の箱。
文句なしに個性があって気持ちよくて良い気の流れるお部屋です。

続きを読む

マッターホーンのモカソフト

学芸大学《マッターホーン》のモカソフトを早めに食べなさい

マッターホーンのモカソフト

アルコール分解酵素が少なめで甘党のふもぱん先生(他称)です。

前回の更新からあわや半年のブランクができつつあり、さすがに R-BLOGS 管理人様のアツい視線を感じる今日このごろです。

最近の東京は肌寒い日が続いていますが、そんな季節感を無視してでもご紹介したいのが学芸大学にある《MATTERHORN(マッターホーン)》の「モカソフト」です(630円)。夏季限定ですので、もはや8月も終わろうとしている今こそ、最終告知をせねばなりません。 続きを読む

IMG_8623-466x700

10年後には誰も追いつけない会社になるのだ。

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

さて、弊社は8月末が決算なので、今月で今期が終わる。創業以来今まで順調に伸びてきたが、この半期(3月から8月)で壁にぶち当たった感じだ。もちろん、R-ESTATE TOKYO, aRts STORE, アプリ、スマホサイトへの新たな投資もあったし、BOOK AND BED TOKYOへの投資もあったからある程度の減益は織り込んでいたし、今後伸びることも予想できる。としても予想以上に凹んだ。さて、この原因が何なのか?

続きを読む

steaksandals2B

ステーキサンダル

steaksandals

ステーキサンダル

わらじのようなステーキではなくステーキのようなわらじ。というかサンダルです。ステーキを心から愛するすべての方に。履いていただくか、もしくはお部屋に飾っていただきたい。食べられません。(初出2014年3月)

続きを読む

ワレワレ_バイトちゃん第10回

『ワレワレハエアホンヤダ!』第10回

ふるさと新潟に帰省しました。バイトちゃんです。

今回は新潟の商業ビル・ラブラ万代の中にある紀伊國屋書店 新潟店で出会いました。

ワレワレハエアホンヤダ!

続きを読む

P6020047.jpg_effected

ツナとトマトの冷やしスパ!

無類のツナ好きなワタクシでございますが、

「夏になるとこればっか」ってのが

P6020047.jpg_effected

ツナとトマトの冷やしスパ!

 

スパを茹でて冷水でシメて水気を切りボウルに入れて、

あとはそこへツナ1缶汁ごと、ザク切りしたトマト1/2個分、

すりおろしニンニク少々、しょうゆ少々入れてグワッと混ぜるだけ!!

さらに粉チーズ、こしょうを散らすとウマ死!!

スクリーンショット 2015-08-11 10.05.46

蔦屋家電とR-STORE

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

昨日の日経9面「経営の視点」欄で蔦屋家電が取り上げられていた。家電業界では全くの新人であるCCCが蔦屋家電を成功させたのはなぜか。それは「アウトサイダー」の視点であるということだった。つまり家電業界を「知らない」新人だからこそ、業界の慣習に惑わされることなく、ゼロから「家電売場」をつくることが出来たということである。

続きを読む

写真 Aug 10, 12 55 51

クッションをアートとして飾る

気づいたらいつの間にか集まっていて、
あ、自分てこれ好きだったんだ〜と。

別に意識して集めてたわけではありませんが
こんな感じでいろいろと。

続きを読む

朝顔ランプC_0725

アサガオライト

朝顔ランプA_0725

朝顔ランプB_0725

蔓のように伸びた電気コードがいろんな所に巻き付いて、室内をやさしく照らします。アサガオが夜に咲く?という疑問は、夏の暑さとともにひとまず忘れておきましょう。(初出2014年7月)

続きを読む

ワレワレ_店主7月

『ワレワレハエアホンヤダ!』第9回

鳥取に行ってきました。店主です。
人生初の、山陰地方です。
米子にある「本の学校 今井ブックセンター」さんでの「いか文庫フェア」の準備のための遠征でした。

その「本の学校 今井ブックセンター」さんでのお仕事と入手した本から店主は、とてつもなく大切なものを得られた感動に、つい、叫びました。

「ワレワレハ、ホンヤナンダーーー!!!!」

続きを読む

IMG_8623-466x700

AIと仲介業。

こんにちは。R-STORE『ハンサム』浅井です。

最近、R-STOREのメイン事業である仲介事業の将来について考えることは、人工知能の発達がどの程度の速度で、どの程度までいくのであろうか?ということである。

自分たちは不動産の仲介というものに定量的な視点だけでなく、定性的な視点を持ち込んできた。例えば3LDKで、15万以内で、駅徒歩1分で・・・とかだけではなく、「気持ちが良い」とか「好きな景色が見える」とか、「夕日が綺麗だ」とか、「なんか味わい深い」とか。

定量的な部分で物件の良し悪しを判断するのは、完全にAIに置き換わっていく。これはあっという間に行われるだろう。というか、すでにそれを売りにした仲介業者も出てきている。そこを追随する気は毛頭ない。我々のコア・コンピタンスではないからだ。我々の強みは定量化できない、現在的な意味での「人間臭さ」にある。

「現在的な」と書いたのは、将来的にAIが人間臭さを獲得するということがあるのかどうかわからないからだ。AIは定性的、つまり感性の分野まで入り込んでくるのだろうか。AIが人間臭くなることがあるのだろうか?つまり、我々の「なんか味わい深い物件」というリクエストに対し、AIが的確に応えられる時代がくるのだろうか?ということである。実はこれについては全くの勉強不足でわからない。ただ怯えているだけである。とりあえずAmazonで一冊の本を買ってみた。

手塚治虫の漫画には、人工知能やコンピューターに支配された人間界の描写が頻繁に出てくる。その世界では、人工知能が全てを決める。どの家に住むべきかということも。もしそんな世界になったら、R-STOREの仲介事業も不要になる。いや、懐古主義的な趣味として一定の支持は得られるだろうか?というか、そんな時代に僕達は何をしているんだろうか?

楽しみなようで、恐ろしくもある。

そんなことをツラツラと考える最近だったりする。

 R-STORE 浅井

旅館業法の手引き のコピー

Airbnbと旅館業法。

こんにちは、R-STORE『ハンサム』浅井です。

昨日からAirbnbの適法性についての議論がタイムラインを賑わせている。

続きを読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インスタントラーメンしょうゆ味→冷やし中華

インスタントラーメンの麺を茹でて、

 

ざるあげて冷水でしめて器に盛り、

 

トマト、焼き豚、きゅうりを刻んでのっけて

 

付属のスープの素を水で溶いてかければ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普通に冷やし中華になっちゃうよ!

 

ごま油をかけて、からしを添えれば完璧!!!

 

オススメ!!!

 

PAGE TOP