R-STOREが選んだ、ひとくせR人達の新しいBLOGコミュニティーサイト。隙間時間にでも、ゆる〜くお楽しみください。

WAREMAG

『ワレワレハエアホンヤダ!』番外編

店主「え!?どういうこと?バイトちゃん??」 バイトちゃん「ですから、エアがリアルになったらしいんです!」 店主「嘘でしょ!?だって、いか文庫はエアが”売り”なのに!!」 バイトちゃん「そうなんです。エアが”売り”のいか […]

ワレワレ

『ワレワレハエアホンヤダ!』第14回

待ちに待った京都出張! バックパッカーのようなどでかいバックパックを背負って、 コロコロカートを引きずって、さらにいか文庫トート大に荷物を詰め込んで・・・ 降り立ったのは「長岡京駅」。 ワレワレハエアホンヤダ!!!

ワレワレ

『ワレワレハエアホンヤダ!』第13回

ワレワレハエアホンヤダ! エアホンヤだけど、ただいまいか文庫はリアル出店中! 京都 立命館大学の立命館生協ブックセンターふらっとさんにて。 「りつめイカん大学の皆さん、本はイカが?」フェアを開催中なのです。   今回のフ […]

ワレワレハエアホンヤダ12回

『ワレワレハエアホンヤダ!』第12回

「いつのまにか家に本が増えていた!」 「積ん読本、こんなにたまってたっけ?」 そんな経験ありませんか? それは本に雄と雌があるからかもしれません。

ワレワレ_店主11(8月)

『ワレワレハエアホンヤダ!』第11回

先月の米子市に続き、鳥取県境港市に行ってきました。店主です。 境港と言えば、そう、『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの、あの、水木しげる先生の生まれ故郷! 「水木先生コンニチハ。ワレワレハエアホンヤダ!」

ワレワレ_バイトちゃん第10回

『ワレワレハエアホンヤダ!』第10回

ふるさと新潟に帰省しました。バイトちゃんです。 今回は新潟の商業ビル・ラブラ万代の中にある紀伊國屋書店 新潟店で出会いました。 ワレワレハエアホンヤダ!

ワレワレ_店主7月

『ワレワレハエアホンヤダ!』第9回

鳥取に行ってきました。店主です。 人生初の、山陰地方です。 米子にある「本の学校 今井ブックセンター」さんでの「いか文庫フェア」の準備のための遠征でした。 その「本の学校 今井ブックセンター」さんでのお仕事と入手した本か […]

ワレワレ_店主8

『ワレワレハエアホンヤダ!』第8回

『ぼくは散歩と雑学がすき』という本を知っていますか? 著者の名は「植草甚一」。大正〜昭和にかけて活躍した評論家です。 でも私にとっては”評論家”というより”蒐集家”のかっこいいおじさん、というイメージ。なぜかと言うといか […]

ワレワレ

『ワレワレハエアホンヤダ!』第7回

この世は・・・と フト思った 最後のサヨナラを いうべき相手だなあと が すぐ 笑いだしていた となりの あの世ンとこにいくのに チト 大げさやなあと ウフフ (まどみちお うふふ詩集「フト」引用) 詩人・まどみちおさん […]

ワレワレ6

『ワレワレハエアホンヤダ!』第6回

この表紙、カッコイイ・・・ そんな理由で店主は、近所の古本屋さんで1冊の本を手に取った。 『ワレワレハエアホンヤダ!』から!

ワレワレ

『ワレワレハエアホンヤダ!』第5回

季節外れの暑さとなったゴールデンウィークのスタート日。 紀伊國屋書店新宿本店で手に入れた本があまりに嬉しくて、いつもより人通りの多い新宿通りで、店を出るなり叫んでしまった。 「ワレワレハエアホンヤダ!」

10411175_635193503277293_3076346963363065622_n

『ワレワレハエアホンヤダ!』第4回

それは、じゃあそろそろおいとましようかしら、と思った瞬間に起こりました。 そう、目に飛び込んで来たという表現がまさにふさわしい。 映画『銀河鉄道の夜』のパンフレットが!ババーーーーン!と!   いか文庫はその日 […]

ワレワレ

『ワレワレハエアホンヤダ!』第3回

2015年3月10日、ワレワレいか文庫は創立3周年を迎え、 『これまで以上にエアにこだわって活動して行こうじゃなイカ!』 と、すがすがしく4年目のスタートを切ろうとしていた。 そんな矢先、大倉山の本屋さんBOOK APA […]

blog21

『ワレワレハエアホンヤダ!』第2回

とある日店主は、『SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS』に遊びに来ていました。 そして『果てしのない本の話』を手に入れ、叫びました・・・「ワレワレハエアホンヤダ!」

PAGE TOP